脳の健康と喜びのために古本をお届けします。脳が遊べる古本屋です。

お探しの古本が当店にない場合などにご利用ください

日本の古本屋
全国古書籍商組合連合会の
ホームページ
探求書コーナーで
お探しの古本の登録も可能

愛書家ホームページ

oldbookmark
oldbookmark
探究書登録可

the 古書
「the古書」

絵本・児童書
売却済リスト

絶版、品切れ文庫、新書判
売却済リスト

ホーム絵本カエルの王さま -あるいは鉄のハインリヒ グリム童話
商品詳細

カエルの王さま -あるいは鉄のハインリヒ グリム童話[24209E]

販売価格: 250円 (税込)
決済手数料代が必要になります 送金料金(通常払い込み料)代が必要になります
送料オプション金額はこちらでご確認ください。
数量:
【著者】江國香織/文 宇野亜喜良/絵
【出版社】フェリシモ
【発行年】2008年
【備考・状態】おはなしのたからばこ(1) 初版第1刷 カバー無し
他の写真と内容紹介
【出版社の内容紹介】
「……あなたは私に何を下さいますか」「ああ、カエルさん、何だってあげるわ」お姫さまは言いました。「多くの人が知っている物語ではありますが、(中略)」と江國 香織さんが語っておられますが、確かにその通り。このお話は“子ども用に書かれたものがたり”で知った覚えがあります。それが5歳だったのか、6歳だったのか……。江國さんのテキストで久しぶりに読み返したら、子どもの頃には気がつかなかった“いろんなこと”を感じました。現時点では、宇野亜喜良さんの絵はまだ描かれていませんが、宇野さんはどんなふうに結末を描かれるのだろうかと、とても楽しみです。というのも、子どもの頃は結末に大して注意を払わなかったからなのです。それどころか記憶にもない……。このものがたりは思っている以上に“大人の恋”だという印象を受けました。さあ、みなさんはまた違う読み方をされることでしょう。どんな感想を持たれるか、とても楽しみです
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス