脳の健康と喜びのために古本をお届けします。脳が遊べる古本屋です。

お探しの古本が当店にない場合などにご利用ください

日本の古本屋
全国古書籍商組合連合会の
ホームページ
探求書コーナーで
お探しの古本の登録も可能

愛書家ホームページ

oldbookmark
oldbookmark
探究書登録可

the 古書
「the古書」

絵本・児童書
売却済リスト

絶版、品切れ文庫、新書判
売却済リスト

ホーム児童書少年H(上巻・下巻)
商品詳細

少年H(上巻・下巻)[25497E]

販売価格: 500円 (税込)
決済手数料代が必要になります 送金料金(通常払い込み料)代が必要になります
送料オプション金額はこちらでご確認ください。
数量:
【著者】妹尾河童/作
【出版社】講談社
【発行年】2006-2007年
【備考・状態】青い鳥文庫226-1、226-2 第7刷・第6刷 カバー少スレ 小口少ヨゴレ ISBN:4061485903、4061485911
他の写真と内容紹介
【出版社の内容紹介】
上巻:あっ、という間に読める面白さ!こら、なにしとるんや!短気で、抜け目がなくて、生意気で、正義感と好奇心は、だれよりつよい、とんでもない「イイコ」少年Hの物語。少年Hは、毎日遊ぶことに大いそがし。熱心すぎるクリスチャンのお母さんには参るけど、洋服仕立て職人のお父さん、やさしい妹、ゆかいな友だちに囲まれる、楽しい毎日。それなのに最近、おかしなことが増えてきた。……これって戦争のせい!?60年前の日本を少年の目で描いた、大ベストセラー、青い鳥文庫に登場!少年は小学校の1年生のときから、胸に「H.SENO=セノオ」の文字を編み込んだセーターを着せられていた。「もうイヤや、胸に名前を書いたのは着とうない。『肇』のHだけにしてよ。Hの一文字だけやったらぼくの名前わからへんから」友だちから、たちまち「エッチ」という仇名で呼ばれるようになってしまった。下巻:読み終わるのがおしい面白さ!なんで、そうなるんや!新聞も、大人も、だれもほんとうのことをいわない、そしていえない。それが「戦争」なのだ。そして敗戦。Hが見たものは……。中学校の軍事教官ににらまれ、殺されそうになったHは、教練射撃部に入部し、難を逃れようとする。その後、戦火はいよいよ身近にせまり、米軍の空襲は日本全国におよぶ。ある夜、ついに神戸が大空襲を受け、Hと母は、爆弾の雨の中を逃げまどう……。昭和20年8月15日、日本は敗戦を迎え、そこでHが見たものは!学校の廊下にも“海軍兵学校”や“陸軍士官学校”への受験を勧めるポスターが貼ってあった。その横に“鬼畜米英・撃ちてしやまん”の大きなポスターも並んでいた。「米英の音楽も禁止になったけど、敵の言葉を中学で教えているのは理屈にあわん”ということで、とうとう英語の授業がなくなるらしいぞ」(中略)松本先生が教室のドアをまだ閉め切らないうちに、2、3人の生徒が、「英語の授業がなくなるというのは本当ですか?」と口々に聞いた。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス